「う~ん…このことを英語で伝えたいんだけど、何て言っていいのか英単語が浮かばないなぁ…。
と、みなさんも、Skype英会話をやっていたら何度もこういった状況に出くわしますよね。

そんな時は「和英辞書」「グーグル翻訳」で調べた単語を使って話をしますが、ただそれでも伝わらないことがありますよね。

以前、Skype英会話の先生から英会話が上達するアドバイスで、日本語で考えたのを訳さないで、「英語脳(english brain)」になって英語で物事を考えることだよと言われたことがあります。「和英辞書」で調べても伝わらないのは、辞書の使い方ひとつとってもまだまだ「日本語脳」なんでしょうね。

さて、話は戻り「和英辞書」や「グーグル翻訳」で調べたのでも伝わらない時は、「画像検索」を用いて知らなかった英単語(日本語直訳ではない、ネイティブが使う英単語)を教えてもらっています。

つまり例えばですが…以前、授業で日本のSPAの話をしていた際に、マッサージをよく受けた話をした際に、先生からどんな種類のマッサージを受けているの?のと質問がありました。その答えで「指圧マッサージ」という英単語が浮かばなくて、その時に画像検索の結果(画像)を先生に送りました。こんな感じで。
img-20160205

そしたら先生から「それは、shiatsuと言うんだよ。」と教えてくれた。「指圧!?」指圧マッサージは全世界共通の言語なんですかね。ちょっと、驚きでした。

みなさんも、分らなくて困った時は「画像検索」を使ってはいかがでしょうか





オンライン英会話スクール ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村