もう一度(…といっても、何度も聞いているが )、整理をしておきたかった『Time(日・時間)、Location(場所)』を表す前置詞(preposition)「in」「on」「at」について、オンライン英会話の先生とディスカッションをした(ちなみに、先生の国はフィリピン )。

先生からは、領域や特定とする範囲で使い分けをするんだよと説明してくれて、その範囲は「in」→「on」→「at」の順になると逆三角形のジェスチャーを交えて教えてくれました。っで、それぞれの意味は、以下でまとめましたので、ご参考にどうぞ。
time-place-img-20151109

先ずは「in」。
この「in」の前置詞は「more general / bigger」と広い領域での「Time(日)、Location(場所)」を表す時に使うんだよと教えてくれた。

●Time(日)
・years
・months
・weeks
・decades
・centuries
ex:Let's meet in April.

●Location(場所)
・country
・city
・neighborhood
ex:I live in London.


次に「on」。
この「on」の前置詞は「more specific / smaller」と特定であったり、狭い領域での「日、場所」を表す時に使うんだよと教えてくれた。

●Time(日)
・days
・weekend
ex:Let's meet on Saturday.

●Location(場所)
・street
・avenue
ex:I live on Main Street.


最後に「at」
この「at」の前置詞は「very specific / smallest」と、さらに特定であったり、さらに狭い領域での「日」じゃなく「時間」と「場所」を表す時に使うんだよと教えてくれた。

Time(日)
・hours
ex:Let's meet at 12 o'clock.

Location(場所)
・address
・apecific location
ex:I live at 32 Main Street.


いやぁー、今回の授業も本当にためになった


  • 今日の授業コマ
    2コマ
  • 受けた先生の国
    フィリピン
  • 今日の事業内容
    教科書





オンライン英会話スクール ブログランキングへ

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村